借地借家法の概要

平成4年に制定された「借地借家法」は建物の所有を目的とする地上権や土地の賃貸借(借地)、建物の賃貸借(借家)について定めた法律です。このうち、借地権には「普通借地権」と「定期借地権」の二種類があります。それぞれの特徴をみてみましょう。

普通借地権旧法では建物の種類によって契約期間が決まっていましたが、新法では契約期間は最低30年以上になります。また借主が契約の更新を求めた場合は、同一の条件で契約更新をおこなうこととされており、一度目の更新後の契約期間は20年以上、二度目以降は10年以上の契約期間となっています。地主は貸した土地を自分で使用する必要があるなどの正当事由がある場合のみ、契約更新の拒絶が認められています。契約期間満了時に建物が残っていた場合は、地主に建物の買い取りを請求することができます。土地の所有者が代わっても借地権を主張して対抗できます。

定期借地権契約期間は50年以上で契約更新がありません。また、旧法では契約期間の途中で建物を建て替えした場合、契約期間がリセットされましたが、建て替えしても最初に契約した期間に変わりはありません。契約期間満了時には土地を原状回復(更地)にして地主に返還することになります。